トップ

小顔になるなら美容外科の名医に

何度もダイエットにトライしているけれど、ちっとも痩せることができないぽっちゃり体型が悩みの種の毎日を送っています。まだ20代前半なのに、身長が160cmで体重が60キロもあるおかげで、ただでさえ、とてもおばさんぽい印象に見えてしまうのに加えて、この二重あご・・・。分厚いお肉はそれがなくなることが予想できないほど。

もちろんお肉がたっぷりついたお腹や太ももも気になるけれど、ビジュアル的に1番の問題となるのが、絶対にこの二重あごなのです。友達と撮影した写真を見ても、友達の中で私の顔が一人目立って大きく映っていて落ち込みます。なんとかこの二重あごを削り落とす方法はないものかしら。

・美容外科の名医で小顔を手に入れる 。
実際の顔のサイズよりも大きな顔に見せてしまう原因には様々な理由があるといわれています。例えば、顔についた脂肪が多い、筋肉の張りがなくなり皮膚がたるんでいる、そしてもともと顔の骨格が大きい・・・などの理由です。

そして、私自身の顔を大きく見せている理由はどれなのか、それははっきりとわかっていいます。もちろんその原因はこの顔まわり、それもあご下にたっぷりついた脂肪なのです。もちろんこれまでにも二重あごを解消するための努力はいろいろと重ねてみましたが、飽きっぽい性格が災いしてどの方法も続けられませんでした。

例えば、小顔にするための方法として、効果抜群といわれている小顔マッサージを試してみたことがあるけれども、それも3日坊主で終わってしまいました。若いといってもらえるこの短い20代をずっと二重あごで過ごすのは絶対イヤです。なんとか即二重あごを解消する方法がないか、即効性がある方法はないかと考えてみたら、美容整形しかない、という結論に達しました。でもやっぱり、顔にメスを入れるなんて怖過ぎる・・・でも、そうでもしないと、怠け者で食べることが大好きな私は、一生二重あごのままかもしれません。考えただけでも恐ろしいことです。

そこで、私はメスを入れることなく注射1本打つだけで済む「脂肪溶解注射」を選択することにしました。美容整形のドクターに聞いてみたところ、「あなたのように脂肪をなくして小顔になりたいという人は、両頬に余分な脂肪がついているか、あご下とフェイスラインに余分な脂肪がついている人、もしくはその両方に脂肪がついている人がほとんどなんだよ」とのこと。私と似た悩みを持つお仲間がたくさんいるということが分かりました。
費用は掛かりますが短い20代をこれ以上二重あごに悩んで過ごさずに済むために必要なコストと割り切ることにしました!
では、私の選んだ脂肪溶解注射はどのような内容の施術なのかをまとめてみます。

■脂肪溶解注射手術とは
簡単に言えば、あごに薬剤を注射器で注入することによって、薬剤に脂肪を吸着させて尿と一緒に体外に排出する、というものです。注射器を刺すとき以外痛みを感じることがないことも、人一倍痛みに弱くて怖がりな私に向いている方法だと思いました。この脂肪溶解注射なら、きっと大丈夫!

■取り去る脂肪の量が多すぎない
顔の肉をごっそりと取り去ると思い切り顔の印象が変わります。そこまでのレベルは求めておらず、頬やアゴの脂肪を少し取りたい私のような女性にピッタリの施術です。

■効果が半永久的に続く
脂肪細胞を小さくするのではなく、脂肪細胞の数自体が減るので、半永久的に効果が持続することが見込めます。もちろんある程度のウエイトコントロールを持続して太らない生活を心掛けなければ、また新しい脂肪がついてしまう可能性はあります

“小顔注射(BNLS注射)の3つの効果
ひとつは脂肪を溶解させる成分が入っており、脂肪が溶解した分、体積が減ってすっきり見えるというもの。
またもうひとつは、血行の流れをよくして新陳代謝を活発にするというもの。血行が良くなると、脂肪の燃焼や余分な脂肪の排出が活発になります。
流れでた脂肪は血液に入り、他の脂肪と同じように代謝され、排出されていきます。
この効果を高めるには、施術した部分をしっかりマッサージして脂肪の代謝をサポートすることが必要です。
お風呂に入ってリラックスしているタイミングで顔全体を優しくマッサージすると、施術の効果が最大限に発揮されます。
そして最後にですが、リンパの流れを良くする効果もあります。老廃物の排出を促したり、むくみを改善して顔の引き締めたりする効果が期待できます。
出典:小顔注射ならBNLS注射!人気の効果と副作用や口コミまとめ|NICOLY:)[ニコリー]

PR:美容外科の名医を探す